TOP

生木の木工 グリーンウッドワーク

 

昔から行われていた乾燥していない木材、生木を加工する木工です。

現在では、木は乾燥させて加工することが普通ですが、かつては生木で加工することも普通でした。

世界的にもこの方法は各地で行われていて、いまでもヨーロッパやアメリカなどでは趣味として楽しまれています。日本でも環境意識や手作り志向の高まりとともに関心を集めています。

 

生木は水分を含んでいると柔らかく加工しやすいという利点があります。サクサクと削れ、削っているだけでも気持ちの良いものです。

また、木が乾燥する過程で起こる、『縮み』や『歪み』をうまく利用し椅子の強度を高めたり、木の器の形に変化をつけることも出来る、とても面白い技法です。

木のスプーンなどの身近な生活の道具を簡単に自分で作ることもできます。

 

詳しくは、